神戸市東灘区の皮膚科『本山リュッカクリニック』は摂津本山駅徒歩約2分・岡本駅至近です。一般皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科、泌尿器領域の診療を行っており皮膚科専門医がお子様から女性ならではの肌トラブルまでニーズに合わせた治療を行います。

アトピー性皮膚炎
(イブグリース)

一般皮膚科|アトピー性皮膚炎(イブグリース)

アトピー性皮膚炎の『イブグリース』

アトピー性皮膚炎の治療薬『イブグリース』が製造販売承認されました。

イブグリースの特性

アトピー性皮膚炎の新薬『イブグリース』アトピー性皮膚炎の治療薬『イブグリース皮下注 250mg(一般名:レブリキズマブ[遺伝子組換え])』は、インターロイキン(IL)-13に結合するIgG4モノクローナル抗体で、その作用機序は、IL-13に結合することにより、IL-13受容体複合体(IL-4Rα/IL-13Rα1)の形成を阻害し、IL-13シグナル伝達を特異的に阻害することです。
一方、IL-13受容体α2サブユニット(IL-13Rα2)に対するIL-13の結合を阻害しないとされています。

イブグリースでの治療が受けられる条件

  • 従来の治療(※)では十分な効果が得られない成人及び12歳以上かつ体重40kg以上の小児アトピー性皮膚炎。
    ※ステロイド外用剤やタクロリムス外用剤などの抗炎症外用剤による治療

イブグリースの投与スケジュール

  • 初回及び2週後:1回500mgの皮下投与。
  • 4週以降:1回250mgを2週間隔(Q2W)での皮下投与。
  • 患者様の状態に応じて、4週以降は1回250mgを4週間隔での皮下投与が可能。
  • 状態に応じて、4週間隔での投与が可能と言うことで、治療負担の軽減など、患者様にとってメリットであると考えています。
イブグリースの投与スケジュール

※左右にスクロールさせてご覧ください。

アトピー性皮膚炎治療薬『アドトラーザ』との違いについて

すでに発売されているアドトラーザ(一般名:トラロキヌマブ)は、同じIl-13 抗体です。
アドトラーザはIL-13がIL-13受容体複合体(IL-4Rα/IL-13Rα1)とIL-13Rα2両方にくっつくのをブロックします。
IL-13Rα2は、デコイ受容体とも呼ばれ、その役割が完全に解明されていないため、具体的な影響はまだわかっていません。

イブグリースの治療費

現時点(2024年02月28日(水))でイブグリースの薬価は決定されていません。
発表され次第、当院ホームページに反映いたします。

一般皮膚科疾患一覧

小児皮膚科疾患一覧

アトピー性皮膚炎の症状についてはこちらからご覧いただけます

院内のご紹介|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら 平井院長公式インスタグラム|詳しくはこちら

お問い合わせ

078-262-1211FAX:078-262-1311
診療時間
 9:30~12:30
15:30~19:00

・・・9:30~14:00

午後診療受付時間:18:30まで

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2024 本山リュッカクリニック All Rights Reserved.